ta

講演会「人財育成の世界戦略とオープンイノベーション」 9/2 開催

 9月2日、慶應義塾大学名誉教授・竹中平蔵氏と、タイグエン大学総長・DANG KIM VUI氏を講師に当会主催の講演会「人財育成の世界戦略とオープンイノベーション」が開催されました。



第1部 竹中平蔵氏 〔東洋大学教授/慶應義塾大学名誉教授〕


先日ニューヨークから帰国したばかりの竹中氏は「Uber」を事例に、グローバルイノベーションが猛烈な速度で進む一方、周回遅れとなっている日本の現状を指摘。人材の育成こそが日本の発展を左右し、アジアはその原動力だと訴えました。
 また、「バルコニーへ駆け上がれ!」との言葉を引用し、企業リーダーはダンスホールで踊っているだけではなく、バルコニーから全体を俯瞰し、変化に気づくことの重要性を表現。特に「これから求められるのは 『地図よりコンパス』」という言い回しは、世界がフラット化し、地図が次々と変わる時代。既存の考えに固執せず、長期的な展望と信念を持った経営をしなければならないと参加者の心に強く印象づけられました。



第2部 DANG KIM VUI氏 〔ベトナム タイグエン大学 総長〕


VUI氏からはベトナム経済や人材の優位性、“秘境・タイグエン大学”での産学連携の事例をご紹介。
素質ある人材を多く持つベトナムの課題は「教育」であり、日本企業へ大きな期待を寄せました。

講演終了後、 講師や参加者同士での交流が行われ、非常な盛会となりました。
ご参加有難うございました。
(事務局一同)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA